マラソン完走からサブ3までランナー養成ブログ

速くなりたい人のための唯一無二の情報を提供します。

ランニングに最適なイヤホンについて、ランナー目線で真剣に考えてみた!


皆さんの日々のクリックが励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 その他スポーツブログ ランニングへ
にほんブログ村

マラソン・ジョギングランキング
\シェアする/

f:id:sourakudo:20211014160959j:plain

おすすめイヤホンについて紹介しているサイトは多くありますが、ランナー目線で紹介している記事はとても少ないため、今回はランナー目線で私が使用しておすすめできるものに特化してお話できたらいいなと思います。

私たち市民ランナーは、走ることが日常生活の一環となってる方が多いと思います。
土日朝早く起きて、みんなでロング走をしている集団をよく見かけます。
重たいリュックを背負って仕事帰りに頑張ってるランナーさんもよく見かけます。
頭で考え事をしながら、景色を眺めつつ楽しみながら走ってる方もいると思います。

それ以外の方はどうでしょうか?走ってる間ボーッとしていませんか?
何時間も費やすランニングなのですから、どうせ走るなら楽しみながら走りましょうか(^^)

明日から音楽を聴きながらルンルンで走ってみましょう^ ^
というわけで、ランナーにおすすめな、イヤホンについて考察してみました!

ランナーにとってイヤホンを装着して走るにあたり、1番減らしたいリスクは走ってる最中に、もしくは落ちる
これに尽きると思います。
多くのランナーがこのストレスを経験したことがあると思います。

そこで今回はランナー目線でこのイヤホンどうなのっていう疑問を解決していきたいと思います。

イヤホンって、どういった種類があるの?

まず大きく分けて、
カナル型とインナーイヤー型に分かれます。

カナル型

f:id:sourakudo:20210908102235j:plain

カナル型の特徴は、耳の奥までしっかり差し込んで装着するため音漏れのリスクが減ります。
また、耳の奥にダイレクトに音を伝えるため臨場感のある音が聞こえます。
注意点は長時間の使用となると疲れやすいという点があげられます。
しかし、現在ではこちらのタイプが主流となってきています。

インナーイヤー型

f:id:sourakudo:20210908103122j:plain

 

インナーイヤー型の特徴は、耳の上にのせ、浅く装着するタイプであり、遮音性が低く音漏れのリスクがあります。
しかし、リスニングなどで利用する方など長時間での利用でも疲れにくいというメリットがあります。

ランナーの方はもちろん走ってる時に使用すると思いますので、
耳に浅く装着するタイプのインナーイヤー型ではなく、深く装着するカナル型の方が落ちにくく、こちらのイヤホン一択になるのではないでしょうか。

って事でカナル型から選びましょう!ってことがまずは第一の条件です。

他にも有線、無線とありますが、煩わしいケーブルは走りに不快感を与えますので、間違いなくランナーの方でしたら無線のイヤホンをおすすめします。

ランナーにとっておすすめなイヤホンにはどういうものがあるの?

(迷われないために必要なものだけを厳選しています。有線タイプであったり、インナーイヤー型タイプのものはランナーにとって使いづらいため省略しています) 

1.左右一体型ワイヤレスイヤホン

写真のように左右がケーブルで繋がっているタイプのイヤホンです。

f:id:sourakudo:20210908103219j:plain

このタイプのイヤホンのメリットは、第一に首の後ろにケーブルをかけて使用しますので紛失の恐れが減ります
走っている最中に落として失くしてしまったって方は実に多いです。
このタイプのイヤホンですとその心配がなく安心です。 
他には、比較的安価で購入できるものが多いのもメリットです。
しかし、ランナーにとって首の後ろにケーブルをかけて走るのは少しストレスを感じませんか?
私自身は、以前SHURE製のこのタイプのイヤホンを使い走っていましたが、多少ストレスを感じていました。
ゆっくり走る分には構いませんでしたが。

というわけで、こちらのタイプのイヤホンは、ランナーにとって、おすすめ度80%といったところです。

2.完全ワイヤレスイヤホン

f:id:sourakudo:20210908103325j:plain

なんといってもこのタイプのイヤホンは、走る方にとって煩わしいケーブルがないため、走りにストレスを感じさせません。
これは大きすぎるメリットです。このメリットだけでも選ぶ価値はあります。
しかし、デメリットとして完全ワイヤレスということは、走ってる最中に落ちるリスクが、左右一体型ワイヤレスイヤホンに比べ増えます。
しかし、これには対処法がありまして、耳掛け型タイプの完全ワイヤレスタイプのものを使えばこのデメリットはほぼ回避できます。こちらの写真のようなものです。

f:id:sourakudo:20210908103448j:plain

実際私は現在このタイプのものを使用しているのですが、1000m300秒のスピードで走っても、過去1度も落とした経験がありません。
ということで、このタイプのイヤホンで耳掛けタイプでしたら、ランナーにとっておすすめ度95%です。 

3.骨伝導イヤホン

f:id:sourakudo:20210908104116j:plain

聞いたことのないイヤホンですか?最近注目を集めています。
どういったものかといいますと、通常のイヤホンが音の振動を耳から鼓膜へと伝え、その結果脳に音を届けるというものです。
しかしこの骨伝導というものは、読んで字のごとく頭蓋骨に音の振動を直接伝えることによって耳や鼓膜を介さずに脳に音を届けるというものになります。

凄く画期的ですよね!
こちらのイヤホンのメリットは、長期使用によるあらよる耳の聴覚関連の問題を排除してくれます。
また最大のポイントは、直接耳に装着しないため、周囲の状況に耳がいくというところです。

イヤホンを装着していると、どうしても周囲の音が遮断されます。これは危険を伴うため、細心の注意を払わなければなりませんが、骨伝導イヤホンですと、それを解消できます。

デメリットとしては、音質が悪い、周囲に音漏れが激しいといったところです。
しかしランナー目線で考えると、電車や室内など使用する場面ではなく、実際走ってる最中にはこういったデメリットは心配しなくても良いかなと思います。

ランナーにお勧めするイヤホンについてのまとめ

今回はランナー目線でおすすめのイヤホンについてお話させていただきました。ランナーにとってイヤホンを使用する際に1番のストレスは耳から落ちること、ぐらぐらすること、ケーブルの不快感だと思います。
そのためそれらを排除したランナーのためのイヤホンについて特化しています。
私自身、過去に有線のイヤホンを使って走っていましたが、顔にペチペチケーブルがあたり、ずれるわ落ちるわで、これは走るためのイヤホンではない!との思いがありました。そのためみなさんには、最初からそういったストレスを感じてほしくないです。

まずインナーイヤー型ではなくカナル型を使いましょう!
そして有線ではなく無線タイプのものを使いましょう!
その上で各個人それぞれの好き嫌いで、左右一体型ワイヤレスイヤホン、完全ワイヤレスイヤホン、骨伝導イヤホンを使い分けましょうということでした!

また、実際にランナー目線でおすすめなイヤホンについて、どれを選ぶべきかはこちらの記事で紹介しますので参考にしてみてください^^

www.runner-sourakudo.com